アナウンサー

安住紳一郎アナの年収は局次長ポストで推定1億|フリー転身で5億の可能性も

安住紳一郎アナの年収は局次長ポストで推定1億|フリー転身で5億の可能性も

今回はTBSアナウンサーの安住紳一郎さんの年収についてまとめました。

安住紳一郎アナは元々は姉と同じ教師になるつもりで、教員免許も取って、教育実習も修了していましたが、教員募集が少なく、そんな時一人対大人数の図式だとマスコミ業界が似ていると考え、受験したそうです。

1997年にTBSに入社し、看板アナウンサーとなりました。フリーに転身すれば今の数倍の年収になると言われています。

安住紳一郎アナウンサーの年収は1億円!TBS退社を阻止する局次長待遇


2019年現在安住紳一郎アナウンサーの年収は1億円に届くとも言われています。

以前であれば、2000万円~数千万円と言われる年収でした。

ボーナスも年2回支給で、給与面で言えば優良企業でしょう。キー局のアナウンサーであれば30代で1000万円を超えると言われていますし、TBS社員の平均年収はおよそ1600万円と言われています。

日本においてキー局(キーきょく)とは、民放放送局の系列ネットワークの中心となる局のことである。日本には5つの主要テレビ局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)がある
Hatena Keywordより引用

テレビ局勤務で深夜早朝の手当や地方でのロケには手当がつくくらいで、テレビに出演して全国的に有名になっていたとしても、あくまでサラリーマンのため、芸能人の様な収入を得ているわけではありません。

それでも、一般的な大手企業の中でもかなりの高給取りであることに変わりはありません。

安住紳一郎アナの場合は、有名芸能人並みの知名度と人気があり、自社の会社員であれば起用しやすいわけで、TBSとしては絶対手放したくない人材なわけです。

安住紳一郎アナウンサーの年収とツーショット画像
ORICON NEWSより画像引用

これまでのTBSへの貢献度と今後フリー転身の可能性を考えれば、是が非でも引き留めたいはずです。注目を浴びたのはTBSの人事で2019年の7月1日付での昇進が発表されました。

異例の大出世を遂げることが明らかになったTBSの安住紳一郎アナ(45歳)。これまで安住アナは“アナウンスセンター・エキスパート職”という肩書で「部次長待遇」だったが、7月1日付で「局次長待遇」に昇格する。TBSにおいて「次長」とは、部門のNo.2のポジション。先輩アナ数人をごぼう抜きしての昇進となる。
NEWSポストセブンより引用

「TBSの場合、組織図として『部』の上に『局』がくる。簡単にいえば部長より局長の方が上ということ。今回の人事では、安住アナより入社年次が4年上の初田啓介アナ(48才)や1年上の土井敏之アナ(48才)は、同じエキスパート職の“部次長待遇”から“部長待遇”に昇進しますが、安住アナは『部』を飛び越えて『局』のナンバー2になるわけです。いわば“二階級特進”であり、極めて異例。先輩アナを抜いて出世する形になった」
NEWSポストセブンより引用

2013年から編成局アナウンス部エキスパート部次長職でしたが、「部」から「局」次長への飛び級出世で安住紳一郎アナは先輩たちを飛び越しての昇進となります。

かなり珍しいケースみたいですね。

過去の実績や将来性を考えれば、「局次長」待遇を施してでも、TBS退社を阻止したかったのでしょう。それと同時に仕事実績の評価をしっかりとする会社であることをアピールできたような気もします。

ただ、それでも世間の見方はフリーの方が活躍もできて、年収アップすることは間違いないと言われています。

安住紳一郎がフリーとなれば年収5億円|フリーアナウンサーにならない理由はやはり安定

もし安住紳一郎アナが独立してフリーアナウンサーとなった場合、推定年収は5億円との見出しも踊っていました。

お分かりかと思いますが、TBSアナからフリーアナへの転職のメリット、デメリットは結構明快です。

フリー転身のメリット

  • 他局への出演が叶い、仕事をこなせばこなすほど年収UP↑
  • 裏方の事務仕事から解放され、タレント、アナウンサー業務に集中できる。

フリー転身のデメリット

  • 常に競争に晒され、人気や需要がなくなれば、仕事が減り収入に打撃という不安定さ

簡単にメリットデメリットを挙げればこうなるかと思います。

とはいっても、安住紳一郎アナがフリーアナウンサーとなれば少なくとも2億円は確実と言われていますが、それよりも将来的にも今後確実なTBS正社員の道を決断しました。

TBS正社員という確実な道を選んだ安住アナ

安住紳一郎アナウンサーがフリーランスにならない理由の画像

エンタメRBBより画像引用

何年もの間フリーになると言われ、局アナで次にフリーになるのは、ずっと安住紳一郎アナと言われてきました。

現在はお給料制ですが、フリーになれば仕事をこなせばこなすほど、自分の年収は増えていきます。収入的には局員時代の数倍どころか10倍を超えることも全然あるそうです。

安住アナの場合フリーとなれば、ほぼ間違いなく「億」の年収を稼ぐと言われているので、世間的にはもったいない風潮があります。

向こう5年、10年先を見据えても安住アナの場合の人気や力量を考えれば需要がなくなることはなさそうですが…。

フリーアナウンサーは個人事業主みたいなものなので、需要がなくなれば収入は減りますが、制限がなくなり自由に仕事ができるようになります。

安住紳一郎さんはフリーになった方が、確実に年収面では大幅に上昇したことが予想できますが、安住アナは、安定や将来的なリスクを考慮して、TBSに留まりました。

噂では過去に熱心なフリーへの誘いがきて、TBSが説得したこともあったそうです。

フリーのオファーが来て、その条件が今のお給料とは比べ物にならないくらい破格であれば、魅力に感じてしまいますよね。夢もありますし、プロ野球選手がメジャーリーグに憧れる感覚に近いのかもしれません。

500円玉で230万円の貯金を作る堅実さ…とネガティブさ

安住紳一郎アナウンサーの年収と日曜天国画像
TBSラジオより画像引用

ラジオ『日曜天国』で500玉貯金で8年かけて230万円貯めたことを話していました。貯めた金額には驚きですが、堅実にコツコツとこなす姿勢が伝わってきます。

また、自分に対して、ネガティブな気持ちも強いことがわかりました。

6000人に聞いたアンケートで、約8%の人が彼に嫌悪感を示したのだが、それについて安住アナは著書『局アナ』でこう綴った。

“世の8パーセントに私は嫌われている”。その恐怖から最近は外出もままならない。トイレに入れば、下からモップでつつかれないだろうか。外を歩けば、背中にバーカと書かれた紙を貼られるかもしれない。必ず近くに8パーセント派はいるはずだ>
NEWSポストセブンより引用

テレビに出るのが不向きと思えてしまうほど、ネガティブな性格ですね。良く言えば用心深い性格の一端かもしれませんが、あまり大胆に動くタイプではないことがわかります。

また、フリー転身を思いとどまらせた具体的な要因には男性陣の先輩フリーアナウンサーの冠番組が思ったよりも奮っていない現状だったり、元日テレアナの羽鳥慎一さんの状況を見ても、仕事は順調そうだが仕事量が半端なさそうで大変さを見てしまったことがあるそうです。

実力があっても人気が必要で、結局数字が取れなければフリーになっても辛い結果になってしまいます…。

安住紳一郎さんの人気を考えれば、間違いなく局アナ時代の年収は超えるでしょう。(何回でも言いますが…)

しかし、それよりも心や仕事が安定することを選んだようですね。ここまできたら、定年退職後まで、フリー転身はなさそうな雰囲気を感じます。

キー局アナウンサーとの年収比較

各テレビ局アナウンサーの平均年収を見てみましょう。

フジテレビ 1480万円

日本テレビ 1450万円

TBS 1440万円

テレビ朝日 1340万円

毎日放送 1304万円

NHK 1160万円

Career Picksより引用

キー局だと1400万円前後が平均年収になりそうです。地方局やラジオなどその他のアナウンサーも含めたところの平均年収はおよそ800万円くらいだそうです。

キー局の人気アナウンサーでも20代だと700万~1000万が妥当でしょう。30代になれば1000万円を超えてくるのかなと思います。いかにキー局アナウンサーの給与水準が高いかわかりますね(汗)

安東弘樹元TBSアナウンサーの画像
ORICON NEWSより画像引用(安東弘樹 元TBSアナウンサー)

元TBSアナウンサーで現在フリーの安東弘樹さん(50)が、他局番組でTBS時代の給料・給与事情について、具体的な数字を挙げて紹介した。(中略…)

「局のアナウンサーは給料が結構いいよ、というイメージしかない。TBSさんは?」
と質問。安東さんは
だいたい30~40代で1500~2000万円くらい。高かったです
と答えた。音声には「ピー音」もかからず、具体的な数字が放送された。ナレーションで「安東さんは当時、30代で普通のサラリーマンのおよそ3倍の年収1500万円」をもらっていたと説明、字幕でも「年収1500万円超え!」と表記される念の入れようだった。
J-CASTニュースより引用

やはり、一般的な感覚だと高いお給料ですね。

日本テレビからフリーに転身した羽鳥慎一アナウンサーの年収は現在2億以上と言われています。局アナ時代に「億」の給料をもらっていたとは思えないので、局アナ時代の何倍にも年収が跳ね上がっているはずです!

安住アナの魅力や信頼は厚い


アナウンサーとしての実力は折り紙つき。バラエティ番組からニュース番組までこなすユーティリティプレイヤー。バラエティでは自分の立ち位置も理解して仕事をこなします。

相手がどんな大物で扱いづらい芸能人であっても、丁寧な言葉遣いで、時には落ち前の毒気を吐きつつ不快にならない絶妙の距離感でコミュニケーションをとれる。

これが安住アナの真骨頂とも言える、局アナの枠を超えたスキルの持ち主。話のうまさや、知識も凄いです。

喋りのうまい芸能人に対しても、咄嗟に突っ込んだりと頭の良さを見ていて感じます。

その実力はTBSも認めるところで、大きな番組、重要なところでは安住紳一郎アナを起用しています。

  • 『ぴったんこカン・カン』
  • 『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』
  • 『新・情報7days ニュースキャスター』
  • 『輝く!日本レコード大賞』
  • 『音楽の日』

TBSの看板番組でレコード大賞の7年連続で総合司会を任されています。TBSとしては安住紳一郎アナウンサーを手放したくないわけです。

安住アナの実力はアナウンサーの人気ランキングにも表れています。

安住アナは好きなアナウンサーランキング男性部門で殿堂入り

 

この投稿をInstagramで見る

 

安住さん✨結婚しないのかな🙄 #安住紳一郎 #三雲さん #ニュース7days

トモリンコフさん(@nukatuy69)がシェアした投稿 –


2006年から始まった好きなアナウンサーランキングの男性部門では5回連続で1位となり殿堂入りの人気ぶりで、男性からも女性からも圧倒的な支持でした。

一方で羽鳥慎一アナは第1回、2回は3位。3回目以降は2位。
安住紳一郎アナが殿堂入りした、第6回、7回は1位を獲得。そこから5年連続1位の桝太一アナ(日テレ)に阻まれ、2位に甘んじますが、近年はまた1位に返り咲いている羽鳥慎一アナです。

羽鳥慎一アナを上回る人気からもわかるように、安住紳一郎アナがもしフリーになれば、他のフリーアナウンサーの仕事が取られてしまうことは、ほぼ間違い無いのでフリーのアナウンサー達は戦々恐々としていたことでしょう。

安住紳一郎アナウンサーの今後は

 

この投稿をInstagramで見る

 

TBSの顔のお二人 何回見ても愛ちゃんかわいい #安住紳一郎 #江藤愛 #カウントダウン卒業スペシャル

Yoshiko Taharaさん(@acri1970)がシェアした投稿 –


安住紳一郎アナが全くフリーになる気配がなく、圧倒的にもったいない声が多いですが、なぜフリーにならないんだ?と批判(?)みたいな意見も中にはありました。

就職活動時に他のキー局は全て不採用となり唯一TBSの最終選考だけの通過でした。その恩もあるのかもしれません。

子供の頃はテレビっ子だった安住アナ。

NHKに出演したり、過去には2008年11月放送『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演し、タモリさんと共演。局の垣根を超えた面白い試みも見せてくれています。


TBS内での発言権もかなり強いみたいですし、局アナにしかできない面白いことをもっとしてほしいです。

安住紳一郎アナはTBS社員であることを選びましたが、他のアナウンサーがそうであるとは限りません。

TBSは人気アナウンサーがどんどん退社してフリーに転身してしまっているので、何としても安住紳一郎アナの流出は食い止めたいところです。

少し前になりますが、青木裕子アナ、田中みな実アナ、枡田絵理奈アナ、最近でも吉田知世アナ、宇垣美里アナ、男性でも安東弘樹アナがTBSを退社してフリーに転身しています。

こういった、流れに危機感を抱いて人事をしたのは日本テレビです。

水卜麻美アナウンサーを平社員→副主任へ、桝太一アナウンサーを副主任→主任へ昇進させました。

フリーになってほしくない、日本テレビ側も危機感があるのでしょう。

サラリーマンである以上異動は付きもの

小林豊元TBSアナウンサーの画像
TBSラジオより画像引用(小林豊 画像左から二番目)

人気アナウンサーであってもサラリーマンである以上は異動は付いて回ります。

TBSでは安住紳一郎アナの昇進と同日に小林豊アナがアナウンス部から、別部署へ移動となっています。異動先は明らかになっていません。

その他にも

2018年7月1日付で木村郁美アナ→異動(異動先不明)

2019年7月1日付で秋沢淳子アナ→事業局国際事業部へ異動

と有名アナウンサーが他部署へ異動しています。

さすがに、トップオブアナウンサーの安住紳一郎アナを異動させることは、間違いなくないとは思いますが…。

安定とは引き換えにフリーアナウンサーよりは、縛りが多くなるデメリットは存在します。

富と地位を手に入れた今、残されたのは結婚

アナウンサーとして富と名誉を手に入れた今足りないものはお嫁さんかと思います。(余計なお世話…)

安住紳一郎アナは見た目的にイケメンの枠に入ると思いますし、この年収とアナウンサーという職業、将来性、安定性を考えれば間違いなく結婚相手にしたくなります。

相手の親御さんからも喜ばれそうですね。ただ、勝手な妄想ですが、どこかこだわりが強そうなイメージがあるなんて考えてしまいます(笑)。

安住紳一郎の愛車や車事情について

昔、真っ赤っかの高級外車に女性を乗せていたことがあるみたいですね。この車なのかはわかりませんが、2013年頃にラジオで車を衝動買いしたことを後悔したことを告白していました。すぐに売ることを考えたそうです。

また、トヨタのハイエースに20年近く乗っていることを話していました。その前は日産のキャラバンに乗っているらしいです。ハイエースは仕事で使っているので、自分の荷物は置きっ放しにしてるなんてエピソードも、ハイエースは愛車というよりも仕事用でしょうね。

安住紳一郎アナの年収まとめ


2019年7月1日の人事異動で局次長へ昇格しました。年収も推定で1億円はくだらないと予想されています。一般サラリーマンとしては考えられない金額です。

独立してフリーになれば、数億円の年収は見込めるそうですが、今のところ安住紳一郎アナウンサーがTBSを退社してフリーになることはなさそうです。

1億円のお給料はTBS側の精一杯の誠意でしょうし、安住紳一郎アナもこの誠意に応える男でしょう。

安住紳一郎アナウンサーには人気もありますが、ひとえに能力が高いのでしょう。

今後もしフリーになることがあれば、『紅白歌合戦』の総合司会も視野に入ってくるレベルのアナウンサーだと思います。

定年退職までフリーはないんじゃないかとも書きましたが、2020年の東京オリンピックが終われば、まだまだフリーの可能性はあるかもしれませんね。TBSは気が抜けません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)