・女優

伊藤沙莉の子役時代はいじめっ子人生!ドラマ『女王の教室』に出演していた!

伊藤沙莉の子役時代はいじめっ子人生!女王の教室など有名ドラマに出演していた!

女優として活躍している伊藤沙莉さんは、子役時代から注目を集めていました。

昔から有名な作品に出演し、子供ながら演技力は高く評価されていましたし、伊藤沙莉さんの特徴は「ハスキーボイス」です。

そして、伊藤沙莉さんの子役時代はいじめっ子役が多く、学校で誤解をうけたこともありました。

伊藤沙莉さんの子役時代の出演ドラマやエピソードについてまとめましたのでご覧ください。

いかじい
いかじい
伊藤沙莉は子供の頃からドラマ出てたのか

伊藤沙莉は子役時代にドラマ『14ヶ月』や『女王の教室』に出演していた

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】映画『劇場』(@gekijyo_movie)がシェアした投稿

伊藤沙莉さんは子役デビューしていますが、関係者からは伊藤沙莉さんの演技は天才肌だと言われています。それでは、伊藤沙莉さんの子役時代のドラマをピックアップしていきます。

いかじい
いかじい
早くしろ!!

デビュー作は『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』


伊藤沙莉さんのデビュー作は『14ヶ月でした。

35歳の大人の女性科学研究者の身体が子供になってしまった役だったので、声の雰囲気がハマり役だったと話していました。

いかじい
いかじい
コナンかよ
やさばあ
やさばあ
灰原さんかしら

9歳にして難しい役を演じきり子役としての評価は急上昇しました。

『女王の教室』

2005年7月-9月にかけて放送されたドラマ女王の教室』は平均17.2%最高で25.3%の視聴率を記録しましたが、過激な内容が子供に悪影響を及ぼすとしてクレームが殺到していました。

『女王の教室』は天海祐希さん主演で伊藤沙莉さんは田中桃を演じるいじめっ子という役柄で出演し、子役として一気に知名度を上げた作品です。

主役の生徒(神田和美)を志田未来さんが演じ、志田未来さんをいじめる役が伊藤沙莉さんでした。

伊藤沙莉さんの演技力はここでも高く評価されました。

いかじい
いかじい
志田未来が漏らしてしまったシーンは印象的だった

『ちびまる子ちゃん』

伊藤沙莉の子役時代の作品『ちびまる子ちゃん』の画像その1

伊藤沙莉の子役時代の作品『ちびまる子ちゃん』の画像その2
有安杏果応援ブログより画像引用

いかじい
いかじい
ドラマの『ちびまる子ちゃん』懐かしいな
これ14年前の話か
やさばあ
やさばあ
この作品にも沙莉ちゃん出てたのね
時間経つの早いね~

『演歌の女王』


2007年1月-3月に放送され、役名の無い、いちクラスメイト役を演じ、これがまたいじめっ子役でした。

伊藤沙莉さんの子役時代はいじめっ子だったイメージを持つ方が多いです。

『演歌の女王』の直後のクールで放送された『私たちの教科書』でも

いかじい
いかじい
役柄のイメージが抜けなくなって大変そうだな
それも思春期に

実際いじめっ子を演じていた時期は役のイメージから私生活にも影響を及ぼしていたそうです。

周りのクラスメイトに恐れられたり、少しでも偉そうな態度を見せたり腕組みをしていたら、「本当にそういう人だったんだ!」と勘違いされてしまったことも。

一時はずっといじめっ子の役ばかりだったらどうしようと悩んだこともあったことを明かしていました。

『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』

『スクラップ・ティーチャー』では共演したHey!Say!JUMPの山田涼介さんと熱愛の噂が出たり、『GTO』でも菊池風磨さんとの共演で熱愛が噂されました。もちろんデマでした。

いかじい
いかじい
しょーもない

GTOの撮影現場で仲間内で撮影された一コマのようです。

やさばあ
やさばあ
仲は良さそう
いかじい
いかじい
合成じゃないだろうな

『GTO』


2014年放送のドラマ『GTO』でもいじめっ子役の演技が絶賛されていました。

視聴者を本気で腹立たせてしまうほどで、楠見加奈子役で見ていたこちらが寒気がするくらいに迫真の演技で、リアルにいじめてるんじゃないかと思わせるくらいキャラクターが乗り移った素晴らしいお芝居でした。

いかじい
いかじい
諦めて、いじめっ子のイメージで頑張れよ

女優になった今も『ひよっこ』や『獣道』などで活躍している

現在ではNHKの朝ドラにも出演しています。伊藤沙莉さんはNHKには縁が薄かったようで『ひよっこ』の米屋の娘に抜擢されるまで、NHKの作品にはほとんど出演していませんでした。

『ひよっこ』では米子の名前でモメたりと面白いキャラクターで人気の役でし。

その他主演を務めた映画『獣道』もストーリー自体は面白いと評判ですし、内容は重めですが伊藤沙莉さんのあられもない姿が披露されています。

いかじい
いかじい
へ~

伊藤沙莉さんの兄は『獣道』を見て映画館で泣いてしまったそうです。

伊藤沙莉の兄弟は芸人のオズワルド!姉はクレイジーなパリピOL
伊藤沙莉の兄は芸人のオズワルド!姉はクレイジーなパリピOL伊藤沙莉(いとう さいり)さんには兄弟がいます。兄は芸人さんで「オズワルド」というコンビを組んで2019年にはM-1グランプリで決勝戦ま...

伊藤沙莉が子役になったきっかけは興味本位のオーディション

伊藤沙莉さんは千葉市出身で3歳の頃からダンススクールに通っていました。

小さい頃はモーニング娘に憧れて、オーディションを受けたがってたようです。(年齢的に受けられなかったようですが)

9歳の頃にダンススクールに子役オーディションのお知らせが掲示してあり、周りのお友達との流れで受けることになりました。

初オーディションで空気を読まず合格


伊藤沙莉さんが初めてオーディションを受験したのは『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』でした。

『14歳』のオーディションの時に伊藤沙莉さんはドラマのモノマネを空気を読まずに披露しまくっていて、岸谷五朗さんの『みにくいアヒルの子』の「一番星が目にしみるぜ」というセリフを真似しました。

小さい時からドラマを見て色々な役者さんのマネをしていたことが今の演技にも生かされているようです。

役者に興味があったわけじゃなくてみんなで盛り上がって受けただけのオーディションだったので、緊張もせずに自然体で望んだオーディションで合格しました。

2003年の『14ヶ月』でドラマデビューし、実際にオンエアを家族で見て、自分の声を聞いた時に衝撃を受けたそうですが、それよりも家族が盛り上がってくれたことの方が嬉しかったようです。

いかじい
いかじい
初めて自分の声の録音を聞いた時に似た衝撃だな

ドラマ出演で学校生活にも影響

小学生の時にテレビに出ていれば当然話題になりますが、伊藤沙莉さんは小6から中学生までのあだ名が「売れない子役でした(笑)

いかじい
いかじい
なんちゅーあだ名だ!!

小学生の時は根暗なタイプではなく、イジメにあったこともなくクラスで色々ドラマのことを聞かれたら、色々と答えてあげていました。

やさばあ
やさばあ
小学生くらいだと色々喋りたくなるよね

伊藤沙莉さんの子役時代は「いじめっ子」を演じていた印象があり、いじめっ子役のイメージが先行してしまって、いじめている噂が立ったことがあったり、同級生から恐れられたこともあったそうです。

学校でのグループ活動をする際に仲間に入れてもらいづらかったこともありました。芸能活動で学校を休んだりするとグループが困ることが原因だったみたいですね。

いかじい
いかじい
みんなが困るんだからしょうがないな

子供ながらに孤独を感じていた子役時代

伊藤沙莉さんは勉強も得意ではなく、子役をやっていたことで周りから褒められていました。

そんな時、「もし自分が子役じゃなかったらこの子は友達じゃなくなるんじゃないだろうか」とか「家族からも興味を持ってもらえない」、生きている意味もなくなって子役を辞めたら待っているのは「死」くらいに悩んでいたこともあったそうです。

やさばあ
やさばあ
病みすぎ

焦りから仕事しなきゃとか、色々な気持ちが入り混ざって葛藤していた時期がありました。

実際、一時はオーディションに落ちすぎてニート状態となり、あまりテレビに出なかったりすると相手にしてもらえないといった経験もしたようです。

いかじい
いかじい
人間不信になるな

自分のハスキー声が武器に|ラジオでも高評価

デビュー作をテレビで見た自分の声に衝撃を受けた伊藤沙莉さん。

子供時代からハスキーボイスがコンプレックスでしたが次第に自分の武器だと認識が変わっていきました。

伊藤沙莉さんは「ダミ声」や「ガラガラ声」など「何あの声?」といった批判が耳に入ったことでショックを受けたこともありました。

しかし、女性にしては珍しい声のおかげで少しの出演シーンだけでも覚えてもらえる実感があり徐々に声が武器だと思えるようになったと話していました。

いかじい
いかじい
考え方一つで変わるな

2020年1月18日深夜にはラジオ番組『オールナイトニッポン0』を担当し、

『悪の教典』が女優としての転機

子役から頑張ってきた伊藤沙莉さんは女優としての自覚が芽生え始め、映画『悪の教典』に出演し、エンドロールを見ていて自分の名前が流れる瞬間を見たときに、「この感覚はやめられない」、「(女優を)やっていこうと思った」と語っていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤沙莉(@itosairi)がシェアした投稿

同じく子役出身で女優の松岡茉優さんとは15歳くらいからオーディション現場などで顔をたびたび合わせていたそうですが、『悪の教典』を機に松岡茉優さんと絡むようになり今ではなんでも言い合える親友関係です。

伊藤沙莉さんにとって松岡茉優さんの初めての印象はあまり良くなく「ヤバい奴」だったそうです。

子役は幼い頃から世間の注目を集めるわけですが、子役なりに色々と思い悩んで今に行きついているんだと感じました。

松岡茉優の妹・日菜は現在引退して実践女子大学?画像でブサイク姉妹か確認!
松岡茉優の妹・日菜は現在引退して実践女子大学?画像でブサイク姉妹か確認!松岡茉優さんには先にスカウトされた妹の日菜さんがいます。現在は子役を引退して大学生活を送っているようです。松岡日菜さんの今が気になるところですが、一体どんな活動をしていたのか、姉の松岡茉優さんとのエピソードを交えながら紹介します。...

まとめ

伊藤沙莉の子役時代は…

  • ダンスの方に興味があり、子役に興味はなかった
  • 自然体で臨んだ『14ヶ月』のオーディションに合格
  • 『女王の教室』など話題のドラマに出演し注目される
  • いじめっ子ばかりを演じ、学校生活にも影響がでた
  • 演技力は幼い頃からお墨付きだった
  • ハスキーな声が邪魔に感じることもあった、今では武器
  • 『悪の教典』に流れたエンドロールの自分の名前を見て高揚し、女優は辞められないと感じた
いかじい
いかじい
若手なのに好感持てる演技するんだよな
がんばれよ
やさばあ
やさばあ
声を生かして頑張って欲しい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)