俳優

ムロツヨシの生い立ちとは?母親の顔を知らず姉・父親とも音信不通

ムロツヨシの生い立ちとは|母親の顔を知らず姉・父親とも音信不通
Pocket

ムロツヨシさんの生い立ちについてまとめました。ムロツヨシさんは生い立ちの事情で本名は使わずに思い付きでムロツヨシの芸名を使っているそうです。

親の離婚や、突然兄弟ができたり、元首相と2人きりでご飯を食べたりと普通の人が経験しないことを面白いエピソードで話せるのは流石だと思いました。決して恵まれていた家庭で育ったとは言えないが故に人を喜ばせたい想いは人一倍で、「喜劇役者」を名乗って活動をしているムロツヨシさんです。

俳優・ムロツヨシの生い立ちー昔の記憶は両親の怒号とケンカー

 

この投稿をInstagramで見る

 

、 昨日はいい夫婦の日、 今日は大恋愛の日、 #大恋愛

ムロツヨシさん(@murotsuyoshi0123)がシェアした投稿 –


ムロツヨシさんは神奈川県横浜市の生まれで5つ上の姉がいます。父親の仕事は大工だったそうです。

ムロツヨシさんは幼いながらに両親がケンカをしている記憶があるそうです。

両親のケンカは4歳の時の記憶で、怒鳴り声が止むのを布団の中で身を潜めていたそうです。祖母が止めに入ったり、母がトランクを持って玄関を出る姿を覚えているそうです。

母親とはそれ以来会っておらず、写真も処分されてなかったため顔も全く覚えておらず幼き日の赤い口紅の色だけ記憶にあるそうです。抱っこされた時の記憶でしょうか…。

両親は離婚し父親は他の女性の元へ

両親が離婚して父親が親権を持つことになりましたが、ムロツヨシさんと姉を親戚に預けて父親はどこかへ行ってしまい、両親の離婚後は親戚の家で育ちおじいちゃんと、おばあちゃんと一緒に住んでいました。

親戚は魚屋で仕事が忙しく、祖母が面倒をみてくれたようです。

父親は別の女性のところに行きそこには子供が3人いたそうです。夏休みや長期休みになると父親の所へ遊びに行って可愛がって貰っていたそです。

また別の女性との再婚と兄弟を紹介されるも離婚

小学校5年生の時には父親に呼ばれ、また新しい女性と結婚することを告げられ、横にいた子供が弟と妹になると紹介されて戸惑ったそうです。

大変な幼少期ですね…小学生ですから、なにやらよくわかんないですよね。

父親の結婚後の生活はアパートの一室に父親の家族。その隣室に祖父母と姉とムロツヨシさんが住むことになったそうです。

しかし数年後に父親は離婚し、弟妹とも別れることになったそうです。

借金トラブルが原因で父親とは疎遠に

 

この投稿をInstagramで見る

 

LIFE ではなく、 きみが心に棲みついた なる2人、

ムロツヨシさん(@murotsuyoshi0123)がシェアした投稿 –


祖母は隣で暮らす父親に嫌気が差し、父親と険悪になりました。親戚も父親の借金の保証人になったことによる金銭トラブルで関係が悪くなりました。

ムロツヨシさんは今まで育ててくれた恩もあり親戚側についたそうです。

それで21歳で家を出てからは父親と会っていないそうです。姉も嫌気がさして出て行ったそうです。


ムロツヨシさんは父親のことを、これっぽっちも恨んではおらず、また父親の子供に生まれ変わっても良いとおっしゃっていました。

テレビで見るムロツヨシさんが面白いことを言ったりするのにこんな、背景があったなんて凄く深みを感じてしまいます。

でもこの生い立ちがあったことで、喜劇役者になろうと思ったそうです。

スポンサーリンク

ムロツヨシの生い立ちー学生時代ー|東京理科大学を3週間で中退

学生時代に親や生い立ちの話をすると「不幸自慢」と言われたそうです。

横浜市立神大寺(かんだいじ)小学校出身。中学は横浜市立六角橋中学へ入学。

楽だと聞いたバドミントン部に入部し、遊び感覚でバドミントンをやって楽しんでいたそうで、中2の時に初めて彼女ができたそうです。文化祭でバンドのボーカルをやることになったのですが、「BOOWY」を熱唱しマイクスタンドの持ち方が気持ち悪いという理由で付き合って1週間で振られたそうです。

高校は鶴見高校!遊びまくっていた高校時代


高校は鶴見高校出身で偏差値は58。

高校ではレギュラーになれると聞いてハンドボール部に入部しました。しかし、ハンドボール部にいながら、それ以上に熱中していたスポーツはサッカー。

高校時代にちょうどJリーグが開幕したこともあった同級生たちとサッカーに熱中していたそうで、勉強は全くしていませんでした。

当時イケメンと言われ高校2年、3年と「ミスター鶴見」に選ばれたそうです。

高校時代は全く勉強していなかったが、社会に出るにあたって良い大学だけは出ておいた方が良いと思ったそうです。その結果、河合塾の横浜校へ通い一年間の浪人での猛勉強の末に東京理科大学へ入学しました。

大学入学直後に周囲の意識に感化され役者を志望し祖母は号泣

 

この投稿をInstagramで見る

 

、 載せそびれた、 阿川さんとの写真、 阿川さんいいわー、 と思いましたさ、

ムロツヨシさん(@murotsuyoshi0123)がシェアした投稿 –


東京理科大学の理学部数学科(偏差値60)へ入学するも3週間で行かなくなりました。同級生たちが目標が明確でやりたいことがちゃんとしている姿を見て、自分について考えている時に

好きだった女優の深津絵里さんや主演の段田安則さん、仙道敦子さんが出演していた『陽だまりの樹』の舞台を見て、演じる側に立ちたいと思ったそうです。

その次の日から大学へは行かず、大学の見える喫茶店で大学を眺めながら、辞めていいのかを自問自答したこともあったりと数ヶ月間悩んだそうです。

大学を辞めると決め、祖母に辞めたいと告げると「お前には郵便局員になって欲しかった」と泣かれ、辞めないでほしいと懇願されたみたいです。その時、実は父親も役者の道に進みかけたことを聞かされました。父親はすぐに諦めたそうです。

ここまで育ててくれたおばあちゃんには本当に感謝しているそうです。

ムロツヨシの生い立ちー若い頃は尖っていたー|本名から芸名へ


大学を辞めてからは俳優の養成に入りました。19歳で役者を志してから、書類審査で落とされる日々が始まります。

元々「ムロツヨシ」は芸名で本名が珍しい名字のため、本名で活動していると有名になった時に実の母親に家族、子供もいて迷惑がかかると考え、21歳の時に今の「ムロツヨシ」という芸名にしたそうです。しかしそこから十数年、無名時代を過ごしました。すぐ有名になれる思っていたと話していました。

一人芝居に挑戦したり、役者仲間と劇団「ヤニーズ」を立ち上げるも「ムロは熱すぎてオレたちとは違う」と言われてしまい、追い出されます。周りの役者仲間とはどうやら芝居に対する温度差があったようです。

「プロとしてやっていきたいムロツヨシさんと、演劇が好きな役者仲間」

当時のムロツヨシさんは熱くもあり尖っていたそうで、芝居に対する気持ちにズレが生じるのもしょうがない気がします。


もちろんお金は苦しく、生活をしていくためにアルバイトをしていました。横浜の横浜市中央卸市場でマグロを運んでいたそうです。朝方の4時くらいお昼ごろまで時給1000円ほどでバイトをしてその後に役者活動をしていたそうです。

それを3年くらいやって、眼鏡屋、お好み焼き屋、設営などの肉体労働のアルバイトで食いつなぎながら、舞台活動を続けていきました。

長年売れずに折れかけるも「ムロツヨシです」戦法で映画出演へ

 

この投稿をInstagramで見る

 

、 昨日の感謝祭に、 感謝の一枚、

ムロツヨシさん(@murotsuyoshi0123)がシェアした投稿 –


ムロツヨシさんは何年やっても芽が出ずに心が折れかけていました。

26歳の時、ここまでやってきた俳優人生を振り返った時、目の前にある予定はバイトのシフトだけ…。

お芝居ができる予定もないことで、自分の才能の無さに一度は心が折れかけますが、やっぱり役者として食べていきたい気持ちが強く、いつか良い方向に傾く気がしたため、絶対に諦められなかったそうです。

升毅さんの主催する「劇団MOTHER」に所属していたそうで20代も後半になった頃、演劇をしている劇場に本広克行(踊る大捜査線シリーズの監督)さんが見に来てくれていて、その後の飲み会で監督の席に行って自分のことをアピールするために、ことあるごとに「ムロツヨシです」と名前をひたすら言う作戦が功を奏して、オーディションを受けることなく、指名がきたため映画出演が決まったそうです。


その作品が『サマータイムマシン・ブルース』本広克行監督からは「お前の野心は綺麗だ。そこまで言うなら使ってやる」と言われ、いい役に抜擢されて精一杯取り組んだ結果、次回作以降につながる結果を出しました。

ムロツヨシの性格を見透かしていた本広克行監督


ところが、次の仕事がなく困っていたムロツヨシさんは再度、本広克行監督に次の作品をお願いしに行ったところ「考えておく」と言われたそうですが、台本を渡された時にムロさんがお願いに来る前から出演は決まっていたことをプロデューサーから伝えられたそうです。

監督からは「ムロが絶対『出してください!』って言いに来るからそれまで待て」と出演オファーを口止めされていたそうです。

その作品は踊る大捜査線のスピンオフドラマ。監督にムロツヨシさんの行動が読まれていたわけですね。

だんだんと露出を増やしてきますが、まだまだご飯を食べられるレベルになるにはありませんでした。

スポンサーリンク

ムロツヨシは小泉孝太郎にずっと御馳走になっている|生活費は借金で工面


複雑な生い立ちがあったから、環境適応能力がすごいんでしょうね。人に取り入る特殊能力を身につけたみたいです。

役者として食えない間は、先輩などによくご馳走して貰っていました。

その中でも『交渉人真下正義』の共演で知り合った小泉孝太郎さんとは仲が良くて、年下ですが、ご飯に行ってもお金を出したことはないそうです。

28歳の頃に二人は知り合い、なんでも小泉孝太郎さんから毎回「ムロさん、ご馳走させて」というのがいつまにか10数年続いているらしく、一度も財布を開かせてくれないと、話していました。人におごって貰って生きていくのがうまいらしいです(笑)

何故か小泉元首相とも2人でご飯することに


仲の良さから小泉孝太郎さんのマンションに結構な頻度で転がり込んでいました。いつ来てもいいように合鍵も渡されていたほどの仲でした。

ムロツヨシさんが撮影で小泉孝太郎さんの実家の近くに行った時に挨拶に行くと、孝太郎さんはいませんが、元首相の小泉純一郎さんにご飯を誘われて、何故か小泉家のリビングで元首相と二人でご飯を食べたそうです笑

ムロツヨシさんは小泉家のお正月にも毎年のように親戚や家族に紛れて一緒に過ごしたらしいですし、お年玉ももらっていて、何やら結婚するまでもらえるらしいです。

金欠だったがユースケの一言でバイトを辞め役者一本|『ごちそうさん』出演へ


ユースケサンタマリアさんにもよくご飯に連れてもらっていて、焼肉を食べに行っていた時に、これから役者として本気になるために「バイトはやめなさい」と言われたそうで、30歳の誕生日の前日までバイトをして誕生日当日を境にバイトはキッパリと辞めたそうです。でも当然食べていけるわけもなくて、小さい頃一緒に住んでいた従姉妹や同級生たちからお金を借りて生活費を工面していたそうです。

2005年頃からメディアに出始め、ちょい役が多かったムロツヨシさんですが2011年にテレビ東京系『勇者ヨシヒコと魔王の城』で顔が世に売れ始めて、決定打はNHKの朝ドラ『ごちそうさん』でした。

『ごちそうさん』出演後くらいからやっと役者としてご飯を食べられるようになったようです。生活を助けてくれた友達も喜んでくれたそうで、お金は返さなくていいと言ってくれる友人もいるそうです。

2014年には日経トレンディ選出の「今年のヒット人」に選ばれました。

昔ムロツヨシがヒット人に選ばれた画像
2016年5月から出演しているニッスイの『大きな大きな焼きおにぎり』のCMがCM好感度のトップ10にランクイン。

ムロツヨシの生い立ちを導くCM画像
2018年にエランドール賞の新人賞を42歳で受賞しました。

日経エンタテインメント!(2019年)では「タレントパワーランキング」男優編で7位という結果(2018年は5位)

  1. 相葉雅紀(嵐)
  2. 大野智(嵐)
  3. 二宮和也(嵐)
  4. 大泉洋
  5. 松本潤(嵐)
  6. 櫻井翔(嵐)
  7. ムロツヨシ
  8. 阿部寛
  9. 長瀬智也(TOKIO)
  10. 香川照之

今では誰もが知る人気俳優になり、色んな雑誌や企画で取り上げられるような目を引く存在です。

今ではその個性的な人間像からバラエティ番組にも出演していますが、見てもらった人に興味を持ってもらって劇場に足を運んでもらえるように考えているそうで、若手の頃から劇場にお客さんが入らない時、「どうしたらお客さんが入ってくれるか?楽しんでくれるのか?」を日々考えていたそうです。

常に努力をしていたんですね。

ムロツヨシの生い立ちーまとめー

 

この投稿をInstagramで見る

 

#大恋愛 後1時間!!! みんなの心に届きますように

戸田恵梨香さん(@toda_erika.official)がシェアした投稿 –


ムロツヨシさんは4歳の時に両親が離婚。

父親が親権を持つも別の女性のところへ行ってしまい、ムロさんと実姉は親戚の家に預けられ育ちました。

小5の時、また新しい女性との結婚を報告され、兄弟となる弟と妹も紹介されました。しかし、父親は再度離婚。

借金トラブルもあり、親戚、祖母とも関係悪化。ムロツヨシさんは父親との関係を断つこととなりました。

ムロツヨシさんは高校卒業後は一浪を経て東京理科大学へ入学するも、3週間で退学し役者の道へ。19歳から20代半ばまでオーディションに落ち続け、小劇団でお芝居とアルバイトの日々。

劇を見に来ていた、映画監督の本広克行さんへのアピールに成功し、役をもらい2005年に映画デビューするもその後は中々うまくいきませんでした。

それでもユースケ・サンタマリアさんのアドバイスで、30歳を機にバイトを辞め、生活費は借金でまかない、役者業を本気でこなしていき、ついにNHK朝ドラの『ごちそうさん』で有名になりました。

有名となった今俳優業以外にもバラエティやCMでも活躍、2018年には『大恋愛』での戸田恵梨香さんとの夫婦役で撮影外でも仲が良すぎて、本当の恋愛関係も疑われたほどです。ムロツヨシさんの結婚相手にも噂が上がるほど。

ちなみに結婚願望はないけど、結婚するなら静かな家庭がいいと話していました。ムロツヨシさんの生い立ちを考えれば当然ですね。

ムロツヨシさんには、人生に光を与える「喜劇役者」であり続けて欲しいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)